防犯カメラセキュリティープロ-Akai - 盗聴発見器の種類

防犯セキュリティのための盗聴器発見サービス、盗聴器発見講座を、提供するショップです


カートの中身を見る

 
 防犯カメラ
 ├赤外線タイプ
 ├ワイヤレス防犯タイプ
 ├ドームタイプ
 └ダミータイプ
 
 盗聴発見
 ├盗聴器発見器
 ├盗聴器発見サービス
 └盗聴器発見講座
 
 無線
 ├無線機
 └受信機
 
 防災
 ├防災グッズ
 ├耐火金庫
 └非常食
 
 光学機器
 └顕微鏡
 
 計測機器
 └ポケッタブルスケール
 
 ボイスレコーダー
 ├ペン型
 └腕時計型
 
 警備用品
 ├指示灯
 └メガホン
 
 その他
 ├防犯アラーム
 ├防犯フィルム
 ├センサーライト
 └護身用品
 
 セキュリティ
 ├指紋認証
 ├電子錠
 └セキュリティワイヤー

 
 ・防犯カメラの選び方
 ・事件に見る防犯対策
 ・自衛意識の向上を
 ・防犯カメラ用語集
 ・盗聴発見器の種類
 ・自動車盗難の防犯

TOP → 盗聴発見器の種類

簡易型
 
低い周波数から高い周波数まで幅広くキャッチします。
またこのタイプは安価であるためか周波数の調節が出来ない、かつ感知する周波数帯が
広いため、家電製品の電波から携帯電話の電波まで幅広くキャッチしてしまいます。
盗聴器の電波か他の電波か区別がつかないため、何の意味もありません。
価格は数千円からと非常に安いですが、これを買う意味はあまりないでしょう。
ただ、「コンセントに盗聴器が入っているかもしれない」などピンポイントで場所を
特定している場合は使えるかもしれません。
 
 
ワイドバンドレシーバー(受信機)型
 
こちらは周波数帯を指定してキャッチすることも可能であり
盗聴に使用される周波数をあらかじめ登録されている機種もあります。
値段は1万〜数万円までするもまであります。
 
 
スペクトラムアナライザー
 
略してスペアナと呼びます。
箱型で小さな画面のある電気計測器で、横軸を周波数、縦軸を電力・電圧とする2次元
グラフを画面に表示します。価格は100万を超えるものも多く、プロ用の盗聴発見機材として
使用される場合もあります。
盗聴発見機材として有り余る機能の上に高価なため、
盗聴発見業者でもスペアナを使用していない業者を多く見受けます。

Copyright 2008- AKAI-CAM All rights reserved.